教えてゆうMUG

ゆうMUGについてのQ&Aコーナーです。質問文をクリックすると回答を読むことができます(一部の環境では、既に回答が表示されています)。

サイボウズLiveの使い方がわかりません。

基本的な考えとして、iPhoneを使う事ができる人はサイボウズも使えます。

こちらから公式マニュアル『できるポケット+ サイボウズLive[改訂版]』をダウンロードして読んでみてください。

各グループ(光画部K-ON!部ビデオサロン etc…)には自己紹介やフリートーク用のトピックが用意されています。
自己紹介ついでに書き込みを試してみてはいかがでしょうか。

まず書き込みができる様になれば勝ったも同然です。何がわからないかをそこに書き込めば、ゆうMUGの会員は見捨てません。良いアドバイスがコメントに付くでしょう。

マンガでわかるサイボウズLiveのはじめ方

過去の勉強会の事例を教えてください。

事例1:ゆうMUGお茶会講座

おおよそ一年かけて、一冊の本を教科書としてiOSアプリを実際に作り上げる事を実践しました。稲葉副会長が講師となり、参考書を自分で実際に読み解きながら、月1度2時間の勉強会で皆Macを持ち込み実コーディングを行うという、マニアさながらの勉強会でした。

事例2:光画部勉強会

カメラの使い方。レンズの選び方。パラメータの意味と設定の仕方。説明書ではわからないところを自分のカメラを使用して学びます。屋外では撮影会でズームや接写のテクニックを、屋内では照明を用いてオークション写真の撮り方など様々です。プリント講座も行い、写真展を開催するにまで至りました。

まだまだあります。ですが過去の話よりこれからです。今正に旬で行っている勉強会に参加し、共に成長しませんか?ここまで指導者が揃っているユーザーグループは少ないと思いますよ。

SDIM0936_960x640

SDIM0951_960x640

SDIM0955_960x640

SDIM0958_640x960

Mac初心者です。入会すればMacのことを教えてもらえるのでしょうか。

教えます。余計な事まで教えます。

思い立った時にお越し下さい。

もしその日が自分に全く興味の無い集まりであっても、その時間を静かに聞いて頂けるのであれば、その後ご本人様から今日来た理由を自身で語って頂ければ、持ちきれない知識をお分けいたします。

本当に持ちきれない知識は、会員になれば後日聞き直す事もできるでしょう。

ゆうMUGの情報提供サイト、ツールを教えてください。

今見ているこのホームページが、今後全ての情報の場となります。

会員と一般では見られる範囲は異なりますが、そこはお解り頂けると思います。

求めるものが見当たらない場合には、遠慮なくお問い合わせ下さい。

入会するには、なにか資格、もしくは会費が必要なのでしょうか。

特にいりません。入会費無料。現在最年少会員は中学2年生です。
とは言え、近年老化の一途をたどっているので、若い方女性大歓迎です。

一度見学にいらしてください。

どんな人がどんな活動をしているのですか。

基本的にはAppleが好きな変な人達です。(爆)

※ここで言う変な人とは、各人が持つAppleに関連する大好きな分野の中で、特定のキーワードに触れることにより、自分の世界観の中で暴走する人の事です。決して怖がったり法に触れたりするものではありません。

あ、活動に触れていませんでしたね。

上記の人達が主に各部に所属し、部の年間目標に向かって活動をしています。各部のページに立ち寄ってご覧ください。お気に入りが見つかり入会いただければ、お互いにうれしい時間になることと思います。

分科会に入りたいのですがどうすれば良いのでしょう?

AUGMForceって何ですか。

AUGM東京というイベントを行うためのボランティアスタッフの集まりです。

ゆうMUGは主催ユーザーグループとして参加しており、開催日決定から開催当日まで、運営に関わるサポートをします。そして当日スタッフとして参加します。

 

電子出版による機関紙発行とありますが、どうすれば見ることができますか。

こちらからダウンロードしてお楽しみください。
(ダウンロードにかかる通信料はご負担ください)

Macで見たい!という方は、最新のOSX10.9ならばiBooksアプリが入っています。

iBooks_App

事情あって古いMacOSX10.6をお使いの方は、フリーウエアのiText Expressで閲覧できます。

iOSアプリの開発に参加したいのですが

ゆうMUGでは有志によるアプリ開発に取り組んでいます。現在はオンライン勉強会を実施中で、今後はリアル勉強会、実アプリ開発へと進んでいく予定です。

参加ご希望の方は、ゆうMUGに入会した後に「アプリ開発チーム」に登録してください。

1 2

ゆうMUG – プラスゆうMac Users Group です