定例会後記(2017年3月)

4月になりました。

本当でしょうか?とても寒いのですが。昨年度終わりの午後(昨日の午後)からも窓際から冷たい空気が流れてきたらしいです。桜も咲く気になっているのに困りますよね。でも家の近所の桜並木は新年度初日の昼には五分咲きくらいになりました。「桜」に一文字で如何にも始まった感を感じるのは日本人の血でしょうか。

さ〜て、先週のゆうMUGは?

最初にお詫びですが、仕切り役の会長は諸事情でドタキャンでした。本人に変わりましてお詫びいたします。でも定例会は開催できてしまう・・・この凄さは(普通だよね)ゆうMUGが仲良しかつUGプライドがあるからでしょう。会長から「こう言う風にやるつもりでした」的メールが幹事会メンバーに来ただけ。後は誰が何をやるかを待つではなく、会員が自分は何をやろうかと考えてくれるからでしょうね。

メールを出したおかげで、進行がスムーズにいった事は勿論のこと、メーリングリストの間違いも発見できました。今回のメインは「Mac and macOS Sierra ライトニングトーク」。いつも通り15時を過ぎると何となくメンバーが集まっていてスタート。

おもちゃ登場

まず最初。ゆうMUGのガジェット好きは自他共に有名ですが、今回も面白いものを持って来てくれた会員がいました。それは「AnyCast」と言う中華激安的空間浮遊具也です。

AnyCast
AnyCastはこんなのです

こういうのがあると無いとでは盛り上がりが違いますね。小学校で流行り物を一番に持ち込む生徒とその仲間たち的な乗り、そして脱線が当たり前な定例会ならではの楽しさです。

決めた事はちゃんとやる・・・重鎮登場

話ができたところでメインに推移。「Sierraにした人は?」「問題が起きた人はどんな事?」等掛け合いからお題開始。普及率を見ると6割くらいでしょうか。今でこそmacOSはタダですけれど、昔は有料でしたからね。いい世の中になりました。「話す知識は有料レベル」なKさんがそこから快走します。「AppleID認証は設定していますか?」「2ファクタ認証知ってる人!」「Yosemiteの時の2ファクタ認証はこうする」「EI Capitanから変わったディスクユーティリティってどう?」「CoreStorageになってからディスクユーティリティでフォーマットできない!?」「FusionDriveはdiskutil コマンドで作れます」「FusionDriveは10.8.2以降じゃないと認識もされませんよ」と、畳み掛けるように話は続きます。

APFSって知ってますか?

この問いかけで手が挙がりました。「地上に降りたiCloud」のTさんが「APFSは私が!」と、プロジェクターをジャックして説明を始めました(APFS、定例会の直後に公開されたiOS 10.3から正式に導入されました。もうそろそろmacOSにも登場ですね)。内容は詳しく、本人が理解しているので伝わり方も工夫されていて、何も知らなくても頭に入ってしまいます。この知識が交通費だけで得られると言うのは感動します。

まだまだこれから

「私はSierraからできるようになったSiriについて発表します。」と、人生も春のSさんが、続いて調べてくれた結果を発表しました。15時過ぎに穏やかで滑らかに始まった定例会はどんどん加速して、あっという間に時間切れになりました。こんなに楽しい時間が他にあるのだろうかと思える程に一瞬で終わった3月の定例会でした。

この流れはその後の飲み会で

ゆうMUGは定例会の後、有志で飲み会があります。定例会の続きが始まることもあれば、全く違う話や新しい流行り物、マックと全く関係ないこと(但しWindowsを除く)を肴に語り合います。ここは定例会とは切り離された集いです。定例会のみで帰る人も当然いますが、飲み会がない事は稀です。飲まなくても参加してくれる方や、ここから参加する方、ここしか参加しない方等様々な会員がいます。今回はカメラ撮影会の開催を非常に推す方がいまして、話を聞いていくとやはり新たに機器を買った人でした。これは皆で盛り上げてお祝いをしたいと思います。(と言うわけで撮影会は開催の方向で。)

終わりに

定例会の事後紹介は如何だったでしょうか。なるべく個人的感情を含めず淡々と記したつもりですが、雰囲気は何となく解るでしょうか?ゆうMUGに興味が湧き参加してみようかなという気持ちに繋がればいいなと思います。文章表現については、回を重ねる毎に熟れて行くだろうと思って頂ければありがたく思います。読者の皆様のリアクションをお待ちしてます。

ではまた、桜が散り始める頃にお会いしましょう。