CP+ 2015 報告その2 望遠だよ。

IMG_1949個人的にコレが欲しいの。Nikon AF-S NIKKOR 300m /f4E PF ED VR!(間違ってないよな) ということでレンズ相談コーナーにてDfに装着させて触らせて貰いました。  軽い! 小さい! VR(手ぶれ補正)の効きが半端じゃない! そんなに高くない!(見栄)ほぼ、AF-S 24-70mm f2.8G ED と同じ大きさ、重さはむしろ300mm f4Eの方が150g軽いのです。 特徴はPFレンズ、位相フレネルレンズという特殊なレンズを採用しているからなんですが、このレンズによる画像への影響というのがちと気になるところです。キヤノンさんは結構前から同様のレンズを出していまして、それなりに改良されているのですが、ニコンでは初めての採用となるのです。 ニコンのブースでは、個人的にNikon Dfのグリップとか見てきましたが、その他の本体等には目もくれず、ひたすらこのレンズを見てきました。 【150 – 600mm望遠ズームレンズ対決】 昨年春からタムロンとシグマで計ったように150-600mmの超望遠ズームレンズが次々と発表され、CP+ 2015の直前にシグマが価格を決定したことでなんと3本ものレンズが選べるようになったのです。 なかなか店頭で揃わない大物レンズなので、ちょっとまとめて触っていましたよ〜。 ますは、タムロン SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD Model A011 IMG_1924IMG_1923 上の写真が150mm状態、下の写真が600mm状態です。長いですね〜。発売時期は最も早く価格もこなれてきて価格.com調べだと約10万円強で購入出来ます。フルサイズのデジイチが増えましたが、手軽な超望遠がなかったため、半年は価格が下がらなかった人気レンズです。 その次に発売されたのが、シグマ 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Sports です。新しいSportsという格付けがされたシリーズで防塵防滴仕様ということでしたが、実は触るのは初めてでした。 IMG_1966 IMG_1965 感想ですか?・・・重いです!質感は最高ですが私には扱えません。重すぎです。ちなみに価格は20万円弱で手に入ります。 最後は、同じシグマから出た 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM  Contemporary シリーズというもので防塵防滴性能などはあまり追求せずライトウェイトモデルを目指したそうです。位置付けとしてはタムロンのレンズに近いものとなっています。 IMG_1964 感想はタムロンの同スペックのレンズと同じような大きさ重さでした。同じシグマのSportsとの違いは望遠側は同じですが、150mm側はSportsの方がシャープだそうです。(600mm側が同等ならいいかな?なんちゃって)価格は15万円ということなのでその点でもタムロンと同等です。ということは、数ヶ月すると競争でもっと安く買えるかも知れませんね。 今年は望遠レンズが熱い! 今年こそは梅にメジロなんていう写真を撮ってみようと思っている人、まだ間に合いますよ〜。・・・会長買わないかな〜。